この3ポイントでオーガニックコスメが語れる|オーガニックの定義

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オーガニック」という単語については、多くの人が知っているはず。でも、その意味を説明できる人はほとんといません。どうしてなんでしょう? 雰囲気的に何か良い感じがある。ただ、それだけを便りに「オーガニック」という言葉の信者になってしまってはいけない。そう思いませんか? というわけで、ここでは、「オーガニック」という言葉を掘り下げて、あなたにもオーガニックのその基本を広めてもらいましょう。この3ポイントを覚えれば、あなたもオーガニックを語ることができるようになります。

オーガニックを知る2つのポイント

オーガニックというのは、英字表記で「Organic」と書き、訳としては「有機的」という表現で表されますね。ではこの、有機的って、どういうことなのでしょうか? 

早速、検索して調べてみますと、コトバンクには次のように出ておりました。

オーガニックとは〈有機の〉という意味で,通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。 アメリカでは1990年に〈有機食品生産法〉が制定され,農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で,過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと,といった厳しい規定がなされている。

ということが書かれています。ちょっと難しいですね。
ですので、ここで少し噛み砕いてみたいと思います。

オーガニック=有機
有機農=農薬、化学肥料を使わない農業、有機肥料だけでつくった農産物

となるようです。

で、もうひとつおまけに書かれているのが、
アメリカでの法律ですね。
既に1990年という早い段階に法律があったのですね。
その名も、「有機食品生産法」という法律。しかも厳しい法律みたいで、
なかなか、アメリカという国、
何かと上での取り締まりが厳しいのかもしれません。

というわけで、オーガニックという概念は、
1つには、有機農法でつくられた材料、素材を使っているもの、となり、
もう1つには、現在の有機の基準は、アメリカ発である可能性が高い、
ということになりそうですね。

オーガニックって、誰が決める?

さて、では、オーガニックって、一体、誰が決めてるの?
って自然な疑問が沸いてくるはずです。

ほんと、これは、誰が決めているのでしょうか?

これ、わかりやすいことが「NAVERまとめ」に出ていたので、
こちらをさらに、まとめのまとめということで
描かせていただきますね。

オーガニック=有機栽培である。
化学合成農薬や化学肥料には頼らない。
有機肥料などで栽培する農法。
日本では、登録認定機関の認定を受けたもののみ、
オーガニック(有機栽培)JASマークがつけられる。

 とあります。

というわけで、じゃあ、結局、日本では、
JASマークを司る農林水産省だけが、
オーガニックを決められるということになるのだろうか?
となるわけですね。

しかし、事実はそうではないのです。
彼らが決められるのは、あくまでも、
オーガニックJASという規格だけです。

農林水産省のこの権威を得ずとも、
「オーガニック!」という言葉は、
広告などに使うことができるのですね。

これは、「オーガニック」を売りにしたい生産者にとっては、
非常に嬉しいことだと思います。
やはり、誇りを持って自分自身の生産活動を
商品にしたいでしょうから。
そして、JASのオーガニック認証は、
無駄に厳しいし、無駄に高い、という噂もあります。
こちらは、まだ噂レベルなので、ちょっと、後で
調べてみる価値はあるかもしれません。

ここで途中まとめをまたしてみますと、
結局、日本のオーガニックというものは、
農林水産省が決めるか、
自主的認定組織が決めるか、
そのどちらが主流だと言えます。

99%が化学的でもオーガニックコスメと言えてしまうこと

さて、ここからです。
一点、衝撃的な事実を、ここで発表しなければいけません。
なんと、オーガニックコスメについて言えば、
1種類でも、オーガニック成分が入っていたら、
その化粧品は、「オーガニックを謳えてしまう」
という衝撃の事実があるのです。

たった1%オーガニックというだけで、
オーガニックと謳えてしまうというのは、
ちょっと誰が考えてもおかしいことですよね。

だからこそ、オーガニックコスメを選ぶ際には、
ブランドが持つコンセプトをしっかりと知って、
その精神やメッセージを学ぶ必要があるのだと思います。

そう、そうすれば、
少なくとも、買おうとしているブランドや商品が、
どんな考え方(生産工程や流通工程、販売姿勢)で
消費者に届けられているものか、がハッキリとわかってくるはずです。

海外に多い、エコ認証って?

海外では、エコを検査して認証する機関が多くあります。
もちろん「信頼できる」証として
認証するわけなのですが、
その検査の工程もかなり細かく決まっているようです。
ドイツもフランスもアメリカもオーストラリアも、
「エコ度数」というのは、
エコ好きの人たちだけではなくて、
一般の人たちが、
ひとつのモノサシとして、
気にしていることなんでしょうね。

このエコ認証に関しては、
追って、記事で紹介することにします。

というわけで、今回の記事では、
オーガニックコスメというものの
定義を探ってみました。

つまり、端的に言うなら、
「オーガニックコスメ」というのは、
日本の場合は、オーガニックJAS認証、
海外の場合は、様々なエコ認証を受けているものが
本来的なオーガニックということになりそう。
「オーガニック」と言葉だけでうたっている会社は、
その事業内容、コンセプトを見れば、
何が問題なのか? わかるかもしれません。

はい、それでは、3つにまとめます。

オーガニックコスメの商品やブランドを見極める3つの方法

1.認証を受けているか?
2.成分をよくみる
3.会社の事業内容やコンセプトを知る

となりますね。

オーガニックコスメブランドに関しては、
当サイトでも、いくつかまとめた記事があるので、
こちらをご参照にしてください。

というわけで、まとめると、

  1. オーガニックというのは、化学肥料や農薬を使わない農作物
  2. オーガニックを決めるのは機関(海外ではエコサート認証、日本ではオーガニックJAS)。しかし、それこに決定的な規則、規定はない。つまり恣意的である可能性もある。
  3. 本物のオーガニックな商品を手に取るには、自分の目を磨く必要あり。ポイントは3つ、「認証を受けているかを一応気にする」「成分をみる、変な成分入ってないかな?と」「会社のメッセージを知る、そのためには事業内容とコンセプトを知る」

これで、オーガニックななんたるかを知ることができますね。めでたしめでたし。この3ポイントは、一歩踏み込んでオーガニックを語る上でははずすことができないので、しっかり覚えておいて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

そもそもオーガニックコスメとは何か? [TEST]