モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア

 



腸内の状態を綺麗にする作用があるモリンガは、本当に口臭対策に良い効果をもたらすのか?



最初に結論から言うと、モリンガで臭いの悩みが消えた人は、かなりの割合で存在します。
とあるモリンガ調査によれば、9割以上の人が、モリンガを使って口臭が改善したと回答しています。


では、どうしてモリンガは、口臭に効くのでしょう?

 



モリンガは「西洋わさび」のことなのですが、そのニックネームとしては「奇跡のツリー」とも呼ばれています。
英語で言うのなら、Miracle Treeということになりますよね。
そう呼ばれる理由は、ただの緑の木に見えるモリンガが、
実は、花、種、根、葉、枝と、その全てを活用できて、
そこには90種類以上の栄養素を宿していて、
300種類以上もの効果効能を保持しているからなのです。

このことに関しては、当サイトでは、既に説明済みだったかと思います。


でも、「奇跡の木」と「口臭」の関係というのは、どういうものなのでしょうか?



実は、臭いを消してくれる理由は、この「高い栄養素」「高い抗菌」「高い消臭作用」という3点にあるのです。
ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸は、実は、カラダの奥深くにある臭いの素を根本的に断つことができるのだそうです。
そして、これに合わせて「高い抗菌」「高い消臭作用」というものこそ、非常に重要になってくるわけです。
なんと、モリンガは、一般的には口臭に効果があると言われているギャバを大量に含有しています。
その量は、ギャバが豊富ということで知られている発芽米の数十倍とも言われています。
このことから考えてみただけでも、モリンガが、「奇跡の木」というだけではなくて、「天然消臭成分の王者」であるということが、分かってもらえると思います。


モリンガに含まれている有効成分、「アミノ酸」って?



黒酢には、元来多くの「アミノ酸」が含まれていると言われています。しかし、このモリンガには、アミノ酸が黒酢の2倍も含まれているのです。ちなみに、必須アミノ酸は、人間のカラダに必要不可欠なもの。全部で9種類あります。モリンガには、もちろん全9種類が含まれています。

 


モリンガに含まれている有効成分、「ギャバ」って?



ギャバが最も含まれていることで知られているのは、玄米です。ギャバの効果は、知っている人も多いと思いますが、ストレス緩和、血圧低下、中性脂肪抑制になっています。ストレス緩和っていうのが面白いですけど、ストレスが減ると口臭も良くなるという都市伝説も、実はまことしやかに囁かれていたりしますね。


モリンガに含まれている有効成分、「食物繊維」って?



モリンガには、ごぼうの5倍とも言われる食物繊維が含まれています。これは、便秘の改善につながったり、腸内環境を整えてくれるものでもあります。今回、このエントリーで紹介する「」には、関係ないかもしれないけど、歯磨き粉の水分が胃や腸に届くことは、当然のことなので、その点から考えると、モリンガの食物繊維が口臭を良くしてくれているという点とも、全く無ではないでしょうね。


モリンガに含まれている有効成分、「ポリフェノール」って?



赤ワインの8倍も抗酸化作用を持つと言われるポリフェノールは、活性酸素の除去に良い作用が持っていると言われていて、活性酸素の除去に有効なのです。だから、口臭に効くということにはならないけれど、歯や歯茎にも、ポリフェノールが良い作用を及ぼすだろうことは、何となく想像できることですね。


「モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア」を使ってみて、感触には、どんなものがあるの?



・「スッキリして口の中が潤う」という感触がある。
・女性にとっても気になる加齢による口臭がかなり抑えられているのがよくわかる。
・子供が気にせずに口元に近づいてくるようになった。