moisture

「オーガニックな潤いを!」シリーズ vol1. |保湿成分オールスター、成分種類を紹介

はじめに

コスメメーカーが化粧品を宣伝するとき、必ず謳うというものが「保湿」や「潤い」です。そして、この「保湿」と「潤い」を裏で支えている面々が、その成分です。でも、横文字が多くて、ちょっと覚える気ににならないのも、成分名の特徴ですよね、そこで、ここでは、いつも参照できるように、「保湿」「潤い」関連成分のオールスターを、ズラリ列挙、リストをつくってみました。オーガニックコスメであっても、入っている成分だったりするので、購入前には、まずこれらの成分をチェックしてみるといいですよ。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1
00

肌の仕組みvol.3|肌体力と、それを高める5つのポイント

オーガニックコスメであっても、普通のコスメであっても、お肌は全ての基本となるので、肌自体の生命力というか、体力というのは、とても重要な要素になると思います。このエントリーでは、肌体力というものがいかなるものなのか? を学びたいと思います。5つのポイントをあげてみました。この5つを学ぶと、肌体力の付け方の簡単なキホンだけは学べるようにまとめました。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌の仕組みvol.2|表皮と真皮で潤いとハリのある美肌をつくる

美肌を守る3層の仕組み

3層あるうち、スキンケアで大切なのは、上の2層になってきます。もちろん皮下組織も大切ですが、まずは、2層についてを知ることからはじめることにします。

表皮

1層目を表皮といいます。 表皮の働きは、「守り」です。 「外界から入ってくる刺激が体内に入ってこないようにする」という働き、 それから「異物が入ってきたときにその情報を脳や神経に伝える」という働き、 そして「体内の水分を調整し保持する」という働きを持っています。

そして、この表皮は次のような構成になっていることを覚えて下さい。

「角層」 ⇒ 外界とのシャッター役。0.02㎜の薄さ。肌内部の水分を守る。

 +

「角層以下の表皮」 ⇒ 肌が生産される場。

真皮

2層目のことを真皮といいます。 働きとしては「肌の弾力やハリとなるクッションとなる」ということ。 肌をふっくらと立体的にさせる役割を担っています。 この立体感がなくなると、 肌を支えられなくなって、シワやたるみの原因になってしまいます。 肌の土台となるものが真皮なのです。そして、この真皮の内部で立ち働いているものたちもいますので、こちらの3つに関してもよく耳にすると思うので、記しておきましょう。

コラーゲン

よく耳にしますね。肌の主要な成分で、肌の70%はコラーゲンです。たんぱく質からできているのがコラーゲン。真皮に網の目を張り巡らせることで、弾力、つまりハリをださせます。逆に、「シワ」や「たるみ」が生まれる原因は、この「コラーゲンの減少」によるものです。

コラーゲンが減る→シワ、タルミが増える

ということは、覚えておいてください。


Nothin but skin / kevin dooley

エラスチン

そして、聞きなれないのが、このエラスチンです。エラスチンは、ゴムのような弾力を持った線維です。真皮の5%程度を占めます。役割は、コラーゲンの網の目をネジのように、ボトルのように、つなぎとめています。部品ですね。ですから、部品が減ると網の目構造も壊れてしまいます。部品のないテントみたいなものでしょうか。

エラスチンの減少→シワ、タルミが増える

と、こちらも同じく覚えてみてください。
同時に、次の公式も覚えてみてくださいね。

コラーゲン x エラスチン =  網状構造の真皮 =ハリ弾力のある肌

ヒアルロン酸

こちらもよく耳にしますね。ヒアルロン酸は、ゼリー状の物質。弾力があります。網状構造の隙間を埋め尽くす役目をします。また、水分を維持します。つまり、保湿をする役目を果たします。

コラーゲン x エラスチン x ヒアルロン酸 = 網状構造によってハリ弾力があり、ゼリー状の潤い物質によって保湿された肌 

つまり、上のような結論が導き出されるわけです。

ですから、もしも、次のような単語に出くわしたら、次のような発想で思い出してみると、「肌の仕組み」を理解しながら、日々のスキンケアができるようになると思います。

「ハリや弾力」→「あ、コラーゲン(網目)とエラスチン(つなぐ部品)のことね」

「保湿」→「あ、ヒアルロン酸のことね」


brume / jenny downing

まとめ

肌は3層から成り、上2層が美肌のためには重要で、表皮の角層がシャッターとして肌を守り、真皮は網の目の構造をつくって、その中にゼリー状のものをたゆたわせることで肌の潤いとハリ、弾力を保っています。つまり美肌というもは、表皮(角層)と真皮(コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸)の絶妙なプレーによって、支えられているわけですね。

仕組みを知ると、毎日の肌の手入れの重要さ、つくづく感じさせられますね。日頃、肌に合った石鹸での洗顔や、合った化粧品を選ぶことの重要さがおわかりいただけると思います。化粧品の選び方については、また別途ご紹介していきます。また、石鹸の選び方などに関しては、別のページで解説しておりますので、そちらをご参照ください。

 

肌の仕組みシリーズ

肌の仕組みvol.1|2要素「皮丘」「皮溝」のリズムをつかみ美しい肌理を
肌の仕組みvol.2|表皮と真皮で潤いとハリのある美肌をつくる

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌の仕組みvol.1|2要素「皮丘」「皮溝」のリズムをつかみ美しい肌理を

肌というものは、身体の中でも、特に大切な役割を果たしているにも関わらず、常日頃から忘れられやすい。そこで、今回からは、シリーズものとして、「肌の仕組み」というものに迫ってみたいと思います。

全ては「お肌」の用語を知ることから

皮溝 :

自分の手を顔の正面まで持ってきて、まじまじと見てみましょう。
すると、網の目模様が見えるはずです。
三角形、四角形の模様がありますよね?
そして、その模様を描く溝が見えてきませんか?
これが、皮溝です。

皮丘:

そして、さらに、じっと見ていると、
三角形、四角形の線の内側が、丘のようになっているのが
わかりますね?
これが皮の丘、つまり皮丘というわけです。

肌理:

この漢字は「キメ」と読みます。
よく「キメが細かい」という表現は、
耳にすると思いますが、漢字だと読めないかもですね。
キメの細かさというのは、実は、
前述の三角形、四角形が滑らかであることです。
つまり、皮溝が深く細く、ハッキリしている状態のことです。


 

2要素のバランスとリズムが肌理の美しさ

「皮溝」☓「皮丘」=「肌理」

皮溝と皮丘による三角、四角のリズムが整っていると、
自然と、肌は美しいシルクのように見えます。    
 ⇒ 理想的な状態

皮溝と皮丘による三角形、四角形のリズムが身だ割れていると、
網膜状態が失われているので、皮溝は浅く太く、弾力がなくなり、ハリがなくなります。
 ⇒ 不健康な状態


 

美肌を実現するためには、まず根幹を正す

まずは、自らの生活を見直すところからはじめる必要があります。
そして、「肌再生リズム」を整える方法を考えていきます。
すると、「肌の代謝」が整って、
さらに、毎日の洗顔、洗体への意識を高めると、
化粧品だけに頼る必要はなくなります。

ここで、注目したいのは3点です。

    1. 食べ物に気を使う


Obst- und Gemüsestand am Nordbad in München – Schwabing / digital cat 

    1. 石鹸を気をつけて選ぶ


handmade soap – castile shampoo bars / mommyknows { Kim Becker }

    1. 睡眠時間をしっかり確保する


Sleeping / Moyan_Brenn

以上の3点が、しっかりしていれば、
基本的には、肌は、健康な状態を保てる、
もしくは、肌の働きとして、健康を保とうとします。

そして、皮溝、皮丘を整える超基本となることが、
上記の3点になるわけですが、
都市生活者にとっては、食べ物に気を使ったり、
睡眠時間を確保することは容易ではありませんね。

そこで、一番手取り、お手軽に、早く取り掛かれるのが、
「石鹸」を変えるということでしょうね。
「石鹸」を「オーガニック石鹸」に変えただけでも、
肌理が整ったという人は、まわりにも多く、
結構、耳にするのではないでしょうか?

⇒当サイトのオススメ・オーガニック石鹸のランキングはこちらへ

そんなわけで、
今日から、少しこの「皮溝」「皮丘」[肌理」
というものに、意識を向けてみると、
新しい世界が広がって良いかもしれませんね。

肌の仕組みシリーズ

肌の仕組みvol.1|2要素「皮丘」「皮溝」のリズムをつかみ美しい肌理を
肌の仕組みvol.2|表皮と真皮で潤いとハリのある美肌をつくる

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
soap

オーガニックソープは洗顔石鹸として使えるの?|洗顔石鹸に向くオーガニック石鹸

オーガニック石鹸が洗顔石鹸として、どんな実力を発揮するのか? また、どんなオーガニックソープを選ぶのがいいのか? そのコツをまとめてみました。ご活用くださいね。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
By: Kim

オーガニックソープ購入のために知っておきたい石鹸の5種|オーガニックソープの購入前知識

オーガニック石鹸でも、普通の石鹸でも、やはり多くの消費者は、どこを見たら良いのかが分からないため、迷ってしまうことが多いわけです。しかも石鹸の場合、薬事法というものによって、いくつかの言葉、「化粧石鹸」だとか「薬用石鹸」、「純石鹸」だとか、「液体石鹸」だとか、パッと見ただけでは理解できない単語がずらり出てきます。ここでは、買い物上手になって、購入に失敗しないための基本として、石鹸の5種類+その他の豆知識をお届けします。かしこくオーガニックソープを手に入れましょう。

当サイトのオススメ石鹸ランキングはコチラ

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
detail_origin

ガミラシークレットって、ホントに購入価値のあるオーガニック石鹸なの?|ガミラシークレットの購入前知識

オーガニックコスメ好きの人の間では、すっかり知られるようになった「ガミラシークレット(Gamila Secret)」というイスラエルの石鹸ブランドは、以前、このサイトでは、「オーガニックソープ・自然派石鹸の比較ランキング5選」「ガミラシークレット Gamila Secret|1分間で学ぶ評判のオーガニックコスメ」という記事で紹介しましたが、「この石鹸が本当に購入する価値があるかどうか?」は、消費者としては誰もが気になるところですね。というわけで、その要点をまとめてみます。

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
By: CityTree עץבעיר

オーガニックソープ(自然派化粧品)の定義とメリット・デメリット|オーガニック石鹸って、何?

今や、オーガニックソープ(石鹸)や自然派石鹸は、街の化粧品店や薬局、ときにはコンビニエンスストアなど、いたるところで見られるプロダクトです。

しかし、このオーガニックソープについては、わかっているようでわかっていない、というのが本当のところなのではないでしょうか? そんなわけで、買い物上手になるために、基本となるオーガニックソープの定義とメリット・デメリットを紹介したいと思います。⇒ 記事よりもランキングを見みたい! という人はコチラ

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
By: Nationaal Archief

エキストラヴァージンココナッツオイル、美をもたらす最高級油、その8つの実力|そもそもエキストラって?

有機(オーガニック)の食用油を探していると、よく「エキストラ」という言葉を耳にします。特に有名なのは、オリーブオイルにおいてですが、ミランダ・カーさんが愛用しているということで、新たに話題になっているヴァージンココナッツオイルにおいても、「エキストラ」が存在します。ここでは、「エキストラヴァージンココナツオイルとは何か?」についてを紹介します。


⇒ ヴァージンココナッツオイルを使った石鹸が2位にランクイン

続きを読む


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
そもそもオーガニックコスメとは何か? [TEST]