赤のとち姫の評判を知るためのQ & A|オーガニック石鹸の実力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

30代、40代を中心に徐々に話題になっているオーガニックソープに、国産品優良品があります。「赤のとち姫」という製品です。その名前自体は、昔話に出てきそうな名前である愛嬌のあるものですが、その実力は、なかなかのものです。当サイト編集部でも、非常に人気が高い石鹸になります。この石鹸の実力がどれほどのものであるのか?多くの人が疑問に思うことをQ & A の方式で読み解いていきたいと思います。

⇒読まずに公式サイトを見たい人はコチラへ

 

Q. 赤のとち姫を使ってみた感触は、どんな感じなの?

 

 

 

 

 

 

 

 

箱はおめでたい! お祝い! といった風貌です。
独特な雰囲気ですね~。
和を意識している感じで、「オーガニック石鹸」というイメージをいい意味で覆してくれます。
ロゴと鶴のマークがとっても合っていて品の良さが漂っています。
「もう一度、はじめから」というキャッチコピーも素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


箱を開けると、和紙に包まれた赤い本体が出てきます。
ここにも、全体的に「和」が強く意識されていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 


「わくねり化粧石鹸」との説明書きが入れられていますね。
製造も販売も鳥取県米子市で行われている国産品であることが分かります。
成分表示も、正々堂々と全て並べられていて、良い感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 


もったいつけて少しずつ取り出してみましょう。
この包装の高級感は、なかなかのものです。
紙の箱は、そこまで高級な感じはしないのですが、
開けてみるといい感じですね。

640__akatochi7

 

 

 

 

 

 

 

 


さあ、いよいよ、本体を出してみます。
艶やかな赤い色が、何とも言えず、いい雰囲気です。
袋から出した瞬間に、とってもいい香りが漂ってきます。
これは、何の匂いなんでしょうか? 
ちょっと、一言では言い表せない匂いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 


では、早速、使ってみることにします。
泡立ちに関していうと、
とても良く泡立つという感じではないです。
でも、細かい泡が、シュワシュワと浮かんでくるという感じでしょうか。
ポリフェノールを謳っているだけに、
やはり意識を集中すると、ポリフェノールが漂ってくる感じはありますね。

 

 

 

 

 

 


次に、こいつを泡立ててみることにしましょう…。
そうすると、こんな風に泡立ってきます。
ここでも泡立ちは、中の中ですね。笑
でも、泡の質は、本当に良いです。肌が喜ぶのがわかります。

 

◆ 1週間使ってみての使用感:

  • ポリフェノールが配合されているのが、よくわかる。
  • 泡のきめ細やかさが、肌を潤してくれる。
  • 香りが独特で、非常に女性的な天然の香水のような香り
  • 水分を残しつつ、汚れを奥まで洗い流してくれるような感じがする。

と言ったところでしょう。

栃の木のポリフェノールが、非常にバランスよく配合されているのが、
製品を使ってみてのレビューでここまで感じられるとは思わなかったです。
この石鹸に関しては、ひとことで言うと、やはり、独特な「ポリフェノール感」という表現がピッタリな気がします。
ただ、もしかしたら、合う人、合わない人というのが、いるかもしれませんね。

ただ、一度くらいは、使ってみる価値が多いにある石鹸だと思います。

※同時に他の人の口コミについても、当サイトでも紹介しておきますので、是非、参考にしてみて下さいね。

 

happytouchbanner02

 

 

 

Q. 赤のとち姫は、何が一番特徴的な石鹸なのか?

赤のとち姫をつくるメーカーが推している点を見れば、一番の特徴というのは、見えてくるものです。「栃の実ポリフェノールが配合されている」という点が、一番の特徴ですね。栃の実に含まれているポリフェノールの力を最大限に引き出している石鹸が、この「赤のとち姫」ということになります。

Q. 栃の実のポリフェノールが配合されているって、すごいことなの? 

実は、この石鹸、プロアントシアニジンという栃の実の皮に多く含まれる成分が配合されているのですが、何に効能を持つかと言えば、「健康維持」と「アンチエイジング」に対してとなるのです。そして、この石鹸に含まれているポリフェノールの量と言えば、赤ワインの33倍という数字にもなるのです。

Q. 栃の実ポリフェノールの着目した製品って、珍しいけど、どうしてこの成分なの? 

確かに、栃の実に着目した製品は、世界広しと言えども、この製品だけかもしれません。赤ワインのポリフェノールは、「アンチエイジングに良い」と言われているから、多くの人にとっては、理解しやすいはずです。ところが、この栃の実エキスは、実は日本では古来から健康成分として愛されてきた成分だったのです。

実は、この米子のメーカーが、この石鹸を開発することになった経緯は、元々、お菓子で「とち餅」という創業以来の特別ね商品をつくっていたことに起因するのです。原料である栃の実が実は、様々な健康に良い影響を与える成分なのでは? という疑問から、この製品へと発展していったのですね。

だから、ある意味においては、オリジナルの発明品、世界のどこにもない独自のオーガニック石鹸と呼ぶこともできてしまうのですね。

ポリフェノール感が非常によく表れているのが、この公式画像ですね。
栃の実ポリフェノールと赤のとち姫

 

相当量のポリフェノールが配合された赤のとち姫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q. 栃の実ポリフェノールって、一体、どんな成分なの? もう少し詳しく教えて! 

栃の実ポリフェノールは、名前の通りに、栃の実に含まれているポリフェノールのことです。
栃の実って、実は日本人には、馴染み薄かったりするんですよね。
ところが、古来日本では、民衆に愛されてきた木の実でもあるのです。

この栃の実という木の実は、実は、多くのポリフェノールを含んでいます。
ご存じの通り、ポリフェノールには、絶大な抗酸化・抗菌作用・美白などがあります。

日本だと食事の原材料として使われてきましたが、
西洋では、主に医療目的で使われてきています。

いづれにしても、健康とは深いかかわりのある木の実です。

 

Q. 赤のとち姫の成分は、どんな風にナチュラルなの?

赤のとち姫は、添加剤やエタノール、界面活性剤といった皮膚に悪影響が出る成分が一切含まれていない、完全無添加の固形石鹸なのです。商品紹介ページを見てみると、そこには、こんなことがハッキリと書かれてきます。着色量、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、酸化剤といったものは一切使っていません。

 

Q. 赤のとち姫のデメリット&メリットの双方をあげるとすると?

 

デメリット:

  • 泡立ちがそれほど良くなく、泡自体が軽い
  • パッケージとなる箱の紙の質がもう一歩
  • 固形石鹸ゆえに風呂場などでは、管理に注意を払う必要あり
  • 香りに好き嫌いがありそう

 

メリット:

  • 顔面に炭酸が乗っているような感触で毛穴が綺麗になる
  • 洗ったあと肌がナチュラルな感じがする
  • 2個以上買うとマイクロバブルフォーマー付き
  • 完全無添加であり、美容成分が多種豊富に配合されている

 

Q. 赤のとち姫が実際におよぼす好影響は?

 

ほうれい線/年齢によって生じるほうれい線が、なくなってくるという効果が、様々なユーザーから寄せられていて、そうした体験者がリピーターになっているとも言います。また、それに関連して肌のざらつきもなくなりなめらかになっているという報告も寄せられています。

首まわり/下向いて気になっていた首まわりが、この石鹸を使うことで気にならなくなったという人や、エステでも綺麗にならなかった首まわりに改善が見られたという人からの声も寄せられています。

 

Q. 赤のとち姫を人に紹介したいときには、どう紹介すると良い?

  • 7つの無添加で肌に優しい商品
  • 満足度96%!という結果がメーカーから公表されている商品
  • 安心の15日間返金保証がついた商品
  • 栃の実ポリフェノール配合の商品
  • 美容成分「プロアントシアニジン」が配合されている商品

 

Q. 赤のとち姫の泡立ちは?

赤のとち姫は、泡立ちという観点からは、さほど良いとは言い切れない商品ではあります。
しかし、丹念にもんでいったり、2個買いをしたときについてくるマイクロフォーマーを使うと、
凄い泡立ちを見せてくれるのです。

無添加石鹸であるにも関わらず、これだけ泡立ちが良いということが不思議に思われるかもしれません。
しかし、この石鹸にエキストラヴァージンココナッツオイルが配合されているということを考えれば、
きっと納得できるはずです。

エキストラヴァージンココナッツオイルは、高抗酸化の効能があることでよく知られていますよね。
でも、実はそれだけではないのです。
シミや毛穴の汚れなどにも良い影響を与えてくれるなど、様々な美肌への効果があるのです。
それに加えて、泡立ちまで良くしてくれるのだから言うことありませんね。

happytouchbanner02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

そもそもオーガニックコスメとは何か? [TEST]